【対処法】youtubeで投稿したスプラ2に著作権侵害の申し立てがきた。【前半】

Pocket

ニンテンドーのゲームを実況する時に気をつけること・やっておくこと

スプラトゥーン動画投稿での反省点

こんばんは、梅咲ちゃむです。

先日投稿したスプラ2の実況動画ですが、youtubeから、「任天堂さんから著作権侵害の申し立てが出て、動画の収益化が出来ない」という連絡が来ました。

youtubeでの投稿の仕方や著作権などについて、しっかりと調べていなかったのが原因ですね、反省します。


スプラトゥーンって公式から実況の許可や、収益化の許可がでてるんじゃないの?って思った方、いますよね?

↑私は思いました。

そこで、著作権侵害の申し立てが出た時の対処法について、今回は紹介していきます。

Content ID の申し立てとは?

著作権侵害の申し立てを受けると、こちらのような表示が出ます。

著作権で保護された素材を含む動画をアップロードすると、Content ID の申し立てを受けることがあります。この申し立ては、音楽、映画、テレビ番組、ビデオゲームなどの著作権で保護された素材の著作権を保有している法人から発行されます。

著作権者のポリシーによっては、Content ID の申し立てのために特定の素材が YouTube で利用できなくなる場合があります。また、音楽コンテンツのように、申し立てが行われたコンテンツの著作権者が広告の収益を得られるようにすることによって動画の公開を続けられる場合もあります。

YouTubeのヘルプ(Content ID の申し立てとは)より引用⇒ (https://support.google.com/youtube/answer/6013276?hl=ja)

実況動画でもゲーム内で曲が流れているため、著作権で保護された素材を使用していることになるみたいですね。

著作権侵害の警告とは違うの?

著作権侵害の警告に関する基礎知識
著作権侵害の警告を受けた場合、それは著作権者が YouTube に正式な法的リクエストを送信したためお客様の動画が削除されたことを意味します。著作権者から、お客様のサイトに著作権者のコンテンツを掲載する許可がないという正式な通知があった場合は、著作権法に従い、アップロード動画を削除します。

ただし、動画が削除される理由は著作権に関係するものだけではありません。また、Content ID の申し立てによって警告が出されることはありません。

警告を受けた動画を削除しても、警告は解除されません。

著作権侵害の警告に関する基礎知識より引用⇒ (https://support.google.com/youtube/answer/2814000)

著作権侵害の警告は、著作権者が YouTubeに正式な法的リクエストを送信した場合に受けるみたいですね。

Content ID の申し立てって良くないことなの?

私は不利な状況に陥っているのですか?

恐らく、そうではありません。ほとんどの場合、Content ID の申し立てが YouTube チャンネルに悪い影響を及ぼすことはありません。「他人が著作権を持っている素材があなたの動画に含まれているのが見つかりました」という単なる通知だとお考えください。

他のユーザーにオリジナル素材の再利用を許可するかどうかは、著作権者の判断に任されています。多くの場合、著作権者は自分のコンテンツの使用を許可する代わりに、その動画に広告を表示するという対応を取ります。これらの広告は、動画が再生される前、または動画の長さが 10 分以上の場合は動画の再生中に表示されます。

ただし、著作権者が素材の再利用を認めない場合は次のような対応が行われるケースもあります。

動画をブロックする: 著作権者により動画がブロックされ、動画が閲覧できない状態になる場合があります。動画を全世界でブロックするか、特定の国でのみブロックするかは著作権者が判断します。

動画をミュートする: 動画に著作権で保護されている楽曲が含まれている場合は、著作権者により音声がミュートされる場合があります。この場合、動画は再生できても音声は聞こえません。この措置を受けても、アカウントの状態には影響はありません。

特定のプラットフォームをブロックする: 著作権者により、コンテンツが表示される端末、アプリ、ウェブサイトが規制対象となる場合があります。YouTube.com 上での動画の表示については、この規制の影響を受けることはありません。

Content ID の申し立てを受けている動画を収益化することができない場合があります。その代わりに、著作権者はお客様の動画の収益化を選択することができます。ただし、動画の中の音楽が申し立てを受けた場合などのように、著作権者と広告の収益を分配できる場合もあります。

Content ID の申し立てとは より引用⇒ (https://support.google.com/youtube/answer/6013276?hl=ja)

すぐに動画が消されたりすることはないですが、著作権者のコンテンツの使用を許可する代わりに、広告が表示されるかもしれないという対応みたいです。

この場合だと、申し立てを受けている動画の収益化は出来ません。(収益化されても、ニンテンドーさんに収益が入るため、自分には全く入ってきません。)

では、収益を受け取るためにはどうしたらいいのでしょうか?

次の記事で、一緒に学んでいきましょう。

次の記事⇒ ()

Content ID の申し立てについて詳しくはこちらをご覧下さい⇒ (https://support.google.com/youtube/answer/6013276?hl=ja)

著作権侵害の警告を受けた時の対処法

期限が切れるまで待つ: コピーライト スクールの受講を完了すれば、著作権侵害の警告は 90 日で期限が切れます。

撤回してもらう: その動画の著作権侵害を申し立てた人に、申し立てを撤回してもらうよう依頼することもできます。

異議申し立て通知を提出する: 著作権侵害に関する判断の誤りのために動画が誤って削除された場合、またはフェアユースとして認められる可能性があると思われる場合は、異議申し立て通知を提出することもできます。

著作権侵害の警告に関する基礎知識より引用⇒ (https://support.google.com/youtube/answer/2814000)

警告を受けていなくても、著作権について学べるので、コピーライト スクールを受講しておいたほうが良いと思います。

4分40秒くらいの動画を見て、4問問題に回答し全問正解すると、コピーライトスクールが修了します。


ここまで、お読みくださりありがとうございます。

次回は、ゲーム実況や著作権物のコンテンツを使用している場合の、収益の受け取り方について記事を書いていきます。

それではまた。

次の記事⇒ ()

Pocket

スポンサーリンク

フォローする